2017-12-19

ハイタカの狩り









距離も ポイント選択も 申し分なかった
唯、悔やまれるのは  陽炎 。。。  思った画に為らない


















2017-12-14

Peregrine Falcon




この地で初めて遭遇したハヤブサ
今まで見た中で最も、胸や腹等のオレンジ色味が強い









2017-12-03

クマタカの羽根 (P3 ?)










 Je vous toujours remercie et reconnaissance.

2017-11-13

2017-10-28

Peregrine Falcon




“Hey! The typhoon No.22 is coming!”
Be prepared and have no regrets.










2017-10-22

ハヤブサ 〜 暴 風 雨 〜












台風接近中    暴風雨のフィールドにて






夜のカルガモ




明朝、超大型の台風21号は我が関東地方に上陸するとの予報。その影響からか今日も朝から雨が止む事がなかった。
夜になっても天候は回復せず、ならば この天候を好んで姿を見せるであろう冬鳥に期待をしての探鳥。結局、遅くまで探すも、お目当ての冬鳥はまだ飛来していない模様。

途中、田園地帯の上空では、夜になり餌場へと移動して来た鴨達は地上近くを何度となく旋回していた。或る一角に、仲間の鴨達よりも一足先に餌場へと降り立ったリーダーと思われる1羽のカルガモが薄ぼんやりと見え、そして背筋を伸ばし、大きく一声。その声は、「安全だよ。皆んな、こっちへ降りておいでよ 」と、仲間達を呼んでいるように思えた。

レンズで確認すると、リーダーと思われるカルガモまでは50m。素早くピントを合わせてみる。仲間達は警戒し、降りるのを躊躇っているのであれば申し訳有りませんから、静音モードで数枚撮影、早々に餌場を後にした。すると、間髪を入れずして数グループに分かれた40〜50羽程の軽快な羽音と共に、カルガモそしてコガモ達が鳴きながら餌場へと降り立った。視認は出来なかったが、特徴ある鳴き声から複数羽のムナグロ達も同じ餌場へ降りたようだ。数日前、採餌していた9羽達だろうか。


雨降りの夜の探鳥も、なかなか興味深い。





2017-10-14

2017-10-09

2017-09-22

フクロウ夫妻




日没後、比較的早い時間に森から出て来てました









2017-09-20

クロサンショウウオ



                             I took this photo on an iPhone








2017-09-17

シマセンニュウ @ 千 葉





我が千葉県で、思い掛けず 渡り途中のシマセンニュウに遭遇しました。
シマセンニュウと言えば、やはり北海道や離島での出会いが想豫されます。

今は鳥達が大きく動いている時期ですから、どのような種に出会ったとしても
何も不思議では有りませんね。

相当に疲れているようでしたが、無事 渡りの地に到着してくれた事を心より願うばかりです。





※ 場所等のお問い合わせにつきましては、御遠慮願いますよう お願い致します