2015-12-31

Eastern Marsh Harrier







2015年も 残す所  あと1日となりました。


当ブログにアクセス及びご閲覧頂きました皆々様、1年間 お付き合い下さり 誠に有難うございました。

今年の2月、Web Master の気まぐれにより Yahoo! Blog から Google Blog へと移行して以来、

沢山の国の方々よりアクセスを頂いている事に、正直驚いております。

日本を始めとし、アメリカ合衆国やロシアからのご訪問者様が非常に多く、次いでドイツ、ウクライナ、フランス、イギリス、ギリシャ、インド、イタリア ・・・

理由は解りませんが、検索で引っ掛からぬよう 和名で種を掲載せず英語表記にしているのが要因と言えましょうか?

何れに致しましても、世界の方々からのアクセスは興味深く 有難い事ですね♪




最後になりましたが、フィールドでご一緒させて頂きました皆様、いつも温かく接して頂き、心より感謝申し上げます。




来る年も素晴らしい年になりますよう、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

Hava a great new year !




hiro & Mrs.hiro






12/30 撮影




2015-12-29

車内からの撮影用機材、完成




先日 hiro が 製作しておりました 撮影用機材の一部 が 完成致しました。




それは、車のドアに雲台を取り付ける為の、大事な礎とも言えるブラケットでした。


車のドア・内側上部に2か所穴を開け ナットを埋め込み、取り付ける仕組みです。

内張りの手を掛けるホールへ作成したブラケットを差し込みましたら、

蝶ネジでしっかりと固定するだけの、脱着も容易に行える設計です。

ドアへの直接の加工は、蝶ネジの所の2カ所のみ。

後は見えぬよう、内張りの裏側からブラケットを支える為の内張りと同色革張りのステーを止めている他、

穴を開けずに挟み込む等し頑丈に施工をして有ります。

既に実践で使用しており、掲載済みの チュウヒやハイイロチュウヒ、コチョウゲンボウの画像等は殆どが この仕様での撮影です。












ジンバルタイプの雲台 使用時



特に動きが俊敏で、かつ飛翔スピードの速い小型の猛禽達を撮る時に、とても重宝な仕様です。

この時は 500mm を載せていましたが、比較的軽量な 328 や 70-200、重量級のレンズも 全く問題なく振れます。









ザハトラー に 600mm 使用時



 我が家で最も使用頻度の高い仕様です。


レンズを室内側に振れば、このままの状態で ドアガラスの上げ下げが可能ですから、豪雨時での待機も大変楽になりました。

ザハトラーは極寒のフィールドに於いても優れ動きもスムーズですし、ガラスを下ろす事無く待機も出来、刺すような寒さからも開放されそうです。

ジンバルタイプの雲台使用時も同様、ガラスの上げ下げが可能。



車のドアへ しっかりと固定されていて遊びもブレも無い事から、レンズ装着時における通常走行も可能ですが、、、 

法規上や安全性、マナーは遵守するように心掛けています♪




撮り忘れましたが、これ以上の最重量・超望遠レンズ仕様も楽々と使用出来、今シーズンは穏やかな表情で寛ぐ冬の猛禽達に期待大です。

でも、今回載せていない最重量級レンズは 装着したまま ドアの開閉をしたとすると・・・  立て付けが大きく狂うと思われます ^ ^



hiro、ありがとう♪

そして、いつも的確な良きアドバイスを下さる大先輩に感謝!








あ!  今、外で 野生のフクロウが!!!

( 珍しく遊びに来ました♪ )





2015-12-26

Harrier!















今日は いつもとは異なる猛禽フィールドへ 。

こちらでも 多くの美しいチュウヒ達に出会いました。




You are so beautiful . .。☆*。:.。☆...。.










2015-12-25

ハイイロチュウヒ





Code Number : B


前回のハイイロチュウヒ ( Code Number:A ) とは別の個体です。 が、この個体も若干若いですね。

移動の途中なのか、たまたま飛来したのかは、観察不足ですので定かでは有りませんが、
どうやら このフィールドを狩り場としているのは、雄だけで3羽。

この数分後、3羽目の雄 ( Code Number:C ) と共に飛び廻っていました。











    





2015-12-20

ハイイロチュウヒ







 Good to see you again!





と、書いてはみたものの、ひたすら画像をチェックしたところ、やはり初めて会う個体でした。

ふと思い出したのですが、昨シーズン 今年 3月 29日に掲載した覚えのある

あの手強かった 雄の若いハイイロチュウヒ の線も 否めないところでは有りますが・・・  ^ ^





















2015-12-19

コチョウゲンボウ







前回 製作していた 「車中から撮影する為の機材の一部」 が 完成しましたので、早速フィールドで使用してみました。


いつもの猛禽フィールドに踏み入ると、丁度 コチョウゲンボウが狩りの真っ最中。

右へ、左へ、飛翔スピードの強烈に速い被写体でしたが、車中にも関わらず ストレスを感じる事無く 重量級の望遠レンズを振る事が出来ました。


ファースト・ショットが コチョウくん とは ・・・    幸先 良さそうです  













2015-12-16

車中からの撮影用に・・・












目下、野鳥 特に警戒心の強い猛禽類を車中から撮影する為の 撮影用機材の一部を 製作中。


hiroは 非常に高精度なカーセキュリティやカーオーディオ等の取り付けが趣味で得手ですので、仕事が驚く程キレイで速い・・・

材料を切ったり 穴を開けたり、溶接したり ネジ山を切ったり、グラインダーで削ったり、

取り付ける車の内張りに合わせて、仕上げは 余っていたカーオーディオ用のレザーやカッティングシートを用いました。


途中、大先輩からの嬉しいご連絡にニコニコしながら、約2時間。



後は 取り付ける車のドアとドアトリムに、見えぬよう裏側から加工を施し、取り付けましたら完成です♪




( よい子の皆さんは 手袋をして安全に作業を行って下さいねっ (笑) )





2015-12-15

Northern Goshawk







 水路のカモ狙いで 地上スレスレを飛んで来た、若。

その後、狩りは失敗 。。。   怒り心頭と言った ご様子でしょうか?










※ 諸々の事情により、数日間 ネット落ち致します







2015-12-11

CAMERA BODY :  X X X R /Oriental Turle Dove






                                                                 CAMERA BODY :    X X X R
                                                     ※ 画像サイズ 6135×4235





            近しい方に、「 ( 野鳥が ) 良く撮れるように設定をして欲しい!」 と 真新しいカメラを託されまして、早速設定のお手伝い。。。
 
            被写体は、連日 我が家の庭で寛いでいるキジバト達にお願いしました♪   レンズは 単焦点 500mm / F4 使用。


 






試しにと、思い切り小さく トリミングをして。








因みに キジバトが咥えているのは、我が家で飼っているレース鳩達の おこぼれ でした ^^