2017-06-24

Northern Goshawk Juvenile





He grew into an amazing young person.



2017-06-21

赤外線ロボットカメラによる 夜のハクビシン




※ 午前1:30              


今宵はいつもの狩場でフクロウを期待して待つも、珍しく森の中から出てくる気配が有りませんでした。最近は反対方向の畑で姿を見掛ける事も有りましたから、子供達を引き連れて畑で狩りの練習に行ったのかも知れません。

約1時間待った所でフクロウは諦め、少し離れた所に数日間設置しておいた赤外線ロボットカメラの動画データを回収しに行きました。カウンターは21回。動画データをその場で確認すると、昼間に何度か見た事のあるハクビシンが活動的に動き回る様子が映っていました。画像はスクリーンショットしたもののトリミングです。

それに致しましても、赤外線のロボットカメラは鬱蒼とした真っ暗闇の森の中で、動物達の動きに反応し映像を捉えるのですから本当に驚いてしまいますね。




2017-06-11

赤外線ロボットカメラによる 夜のイノシシ





先日 知人の森に設置しておいた赤外線のロボットカメラのデータを回収しましたら、活動的な真夜中の野生のイノシシが映っていました。雌の成獣のように見えますね。元は動画で、部分指定スクリーンショットによる切り出し画像です。
目的は夜行性の野鳥の動きを確認する為の設置ですが、他にも昼間は見た事のない夜行性の動物達が映っていたりと、色々な発見が無人で確認出来る為に大変重宝に使用しています。







2017-06-01

ソリハシセイタカシギ







数年前に急逝された大先輩達との思い出の地に、今年はアボセットが飛来した。けれど、悲しみが大きすぎてどうしても直ぐには足が向かなかった。。。
隣県の湖に2羽のアボセットが飛来した時も、やはり同じメンバーで日が暮れるのを待ち、茜色に染まりゆく空を優雅に舞うアボセット達を撮影した記憶が、つい先日のように思い出される。そう、大先輩の大好きなシギでした。

今回アボセットが飛来したフィールドは、あれから多くの建物が建ち驚いてしまったものの、鳥達の顔ぶれはと言えば、あの時と変わらず、ゆっくりとした時間だけが流れていました。







































2017-05-17

ツバメの卵





我が家のガレージにツバメ達がやって来ました ♩♫♬🎶


現代のツバメ達は住宅難。
少しでもツバメ達のお手伝いになればと、毎年 ガレージの壁やシャッターボックスの上に木の台を設置したり、自作の木製の巣を設置したりと、色々と試みていたりします。
今年は人工のツバメの巣を粘土で造り、4月の始めにツバメ達の好みそうで安全な場所に設置しました。
やがて軽やかで心地よい囀りと共に、ツバメ達が飛来するようになりました。。。

「そろそろ卵が見られるかな❓」

ツバメ達の留守中に確認すると、待望の卵が見えました♪
1日1個のペースで、今朝現在4個 🥚🥚🥚🥚✨





我が家と同時進行で、hiroの実家にもツバメ達が飛来し自分達で巣を造り始めました。あっという間に1日で巣は完成。
なんと、そちらにも今日現在で卵は4つ 🥚🥚🥚🥚✨



我が家はツバメ応援団! ガンバレ~ 🇯🇵(^^)(^^)🇯🇵


2017-05-03

コジュケイ






新緑の美しい季節、森の中では早朝から心地の良いコジュケイ達の合唱が聴こえて来ます。
しかしながら、そのコジュケイの姿に運良く遭遇したのならば、驚くほど急ぎ足で、
茂みの奥へと姿を晦ましてしまいます。

チャンスはいつも突然に訪れるものですね!
わずか数秒の出会いでした。









2017-04-28

フクロウの落し物



フクロウ達が好んで止まる枝の下には こんな落し物が 。。。



この位の大きさの羽根を見つけると、不思議とテンションが上がります ♪♩♫♬〜




以下は異なるフィールドにて、フクロウの吐き出したペリットが雨で溶けたところ。
未消化の鳥類の嘴は、ヒヨドリでしょうか。


野ウサギの多いフィールドの為、フ○が写り込んでしまいました 🐇